佐藤 厚子

佐藤 厚子(銀座十字屋ハープ&フルートサロン)

とりわけお子さんと初心者への指導に関しては、銀座十字屋講師の中でも、屈指の評判をとる。そこには体験に基づいた信念に裏打ちされている。ハープを始めたきっかけは、何と「ヨセフ・モルナール先生のご近所に住んでいたから」という、稀有な経緯がある。来日初期の先生はたいへん厳しいと定評があったようだが、佐藤講師が習う頃には、だいぶ好々爺になられていたようで、「ハープが好きというより、むしろモルナール先生のレッスンが大好きだった」という、レッスン=楽しいものという強烈な刷り込みと自信の体験からくる説得力も相俟って、「(かつて全くの素人だった)私ができたのだから、誰でもハープは弾ける」という強い矜持がある。

◆こんな先生です

モルナール・イズムが支えになっていると言っていいだろう。かといって、モルナール師の教え一辺倒でもなく、工夫と創意に溢れた講師といえる。つまずきに際して、的確なアドバイスによって「弾けるようになってしまう」手法は“魔法”とも称される。

◆好きな曲について

「先生のアドバイスなどから勧められるままに数多くの曲を弾いていましたが、唯一、フォーレの『塔の中の王妃』は、自ら聴き込んで練習した曲として、印象深いです。」

◆最後にメッセージを・・・

ハープは、誰にでも絶対に弾ける楽器です。それぞれの個性に合わせたステップを踏むことで、必ずゴールに辿りつきます。

おすすめ情報

お問い合わせ

銀座十字屋 コールセンター
(電話でのお申込み・お問い合わせ)