吉野 友加

吉野 友加(銀座十字屋ハープ&フルートサロン)

アーティストとして、ギターとハープのデュオ「ティコムーン」に参加しつつ、十字屋の講師という二足草鞋を履いている。ティコムーンでの音楽さながらに穏やかで物静かながら、ハープに関しては一家言をしっかりお持ちだ。生徒さんがどこまで変わりたいかをゆっくりヒアリングしたうえで、各自に合った無理のないハープの導入を図ってくれる。お話の浸透圧も高く、まるでカリスマ整体師のカウンセリングを受けているようにリラックスできる。とてもユニークな先生だと思う。

◆こんな先生です

「まず体の余分な力を抜いて、ハープを弾くための体のバランスをとることが重要」と説く吉野先生。日常生活とは違う力を使うハープは、ちょっとした力加減で音色が変わる楽器だからこそ、体のメンテナンスも大切と考える。実際のハープの技法については、ヨセフ・モルナール師の直伝である。

◆好きな曲について

自ら楽譜を作ったり、作曲・アレンジしたりすることが好きな吉野先生。あらゆる音楽が好きで、特にこれという曲はないそうです。一方で、好きな曲を弾きたいけど楽譜がないという時、手書きで簡単なスコアを描いてくれることもあるそうだ。

◆最後にメッセージを・・

「ハープに触れたときの最初の感動。そのときの感触をいつまでも忘れないように、ハープを学びましょう」。

おすすめ情報

お問い合わせ

銀座十字屋 コールセンター
(電話でのお申込み・お問い合わせ)