小俣 有希子

小俣 有希子(銀座十字屋ハープ&フルートサロン)

稀有な巡り合わせで、親戚の通う音楽学校へ入学。当時小学校高学年でやっと鍵盤楽器を始めたばかりで、入学に際しては新設間もないハープで受験し、かのヨセフ・モルナール師に直接指導を受けたという小俣講師。幸運な出会いに恵まれたと謙遜するが、楽器を始めた年齢が遅かったことや、特に憧れが強くてハープを始めたわけではなかったご本人としては、マスターするまで相当な努力を重ねたことだろう。苦労を重ねたゆえの引き出しの多さ。辛酸をなめただけに、逆に優しい人当たりの良さ。いわゆるモルナール世代ながら、年代の若い先生にも新たなメソッドなどの教えを請う熱心さ。ベテランならではの安心感に満ちた先生だと思う。

◆こんな先生です

お話好きで、「質問力」に長けた先生だ。気さくで、どんな人にも声掛けをする。対話の中から、各自にフィットした方法を探して導いてくれる。多少失敗しようが、先生の「大丈夫、大丈夫」という声に支えられて習得した生徒も数多い。

◆好きな曲について

モルナール先生の弾いた「シューベルト・ファンタジー」。弾いているうちに好きになったのは、マックスウェルの「引き潮」。

◆最後にメッセージを・・

「お稽古事であろうが、プロを目指そうが、最初は誰もが同じスタートラインに立つのです。難しいことはあまり考えず、まずはハープを体験しに来てください。必ずできるようになるから」。

おすすめ情報

お問い合わせ

銀座十字屋 コールセンター
(電話でのお申込み・お問い合わせ)