小野 愛子

小野 愛子(銀座十字屋ハープ&フルートサロン)

母上がハープを弾いていたので、気付いたらすでにハープが身近にあったという環境でハープの研鑽を積まれてきた。そのせいか、ハープを語る時の表情はとても穏やかで、大らかな雰囲気をお持ちの方だ。しかし、指の型や体の動かし方はとても拘って教えている。ご自身が、2年近く手を故障してハープに触れられなかった苦い経験があるからだ。当たり前だったものが、そうでなくなるという貴重な経験があったからこそ、体験から得た無理をしない動かし方、正しいフォームへの導きに説得力が増すのだろう。ハープは体へ直に響く楽器で、誰でも綺麗な音が出せる。しかし、人によって音色はまるで違う。だからこそ、ハープの響きを体感してほしい。楽器と自分の体を一体化させるとき、ハープは自分の音を奏で始める。静かな物腰の中に、情熱を秘めた先生だ。

◆こんな先生です

それぞれの目標を汲んで、それぞれのタイプに合せた進行に付き合ってくれる。ご自身が行き詰ったら、自分もレッスンをうけてみるとか、(最近は、チェロ)違う楽器のお試しレッスンを受講してみるなど、体験で積み上げてきた先生ならではの精進を重ねている。

◆好きな曲について 

プライヴェートでは、ゲーム音楽をよく聴かれる。ハープにまつわる曲なら、ドビュッシーの「アラベスク」。

◆最後にメッセージを・・

「事前に難しいことは考えずに、先ずはハープを体感しにきていただきたいですね」。

おすすめ情報

お問い合わせ

銀座十字屋 コールセンター
(電話でのお申込み・お問い合わせ)