濵田 久実

濵田 久実(銀座十字屋ハープ&フルートサロン)

当意即妙。何せ4歳の時に、オケの生演奏でハープに触れ、それ以来、ずっと仄かな憧れを抱き続け、ついにハープ奏者になる夢を叶えたという経歴を持つだけに、ハープに関しては一家言がありブレがないのです。しばらくハープを教えられてから、東京藝大に行かれたとのことで、指導経験は豊富な先生とお見受けしました。

◆こんな先生です

こちらの質問にも、即座にとても分かり易い答えが返ってきます。これが先生と生徒の間での会話ならば、原因と結果、なぜ失敗したのか、どうすればさらに一段上を目指せるのかといった質問にも、きちんと説明を加えながら明確な答えが返ってくるのだろうと思うのです。ご自身が、憧れが現実になった源泉を、ハープの音色に惹かれた為とのことなので、誰もが弦をつま弾くと取り敢えず音が出る楽器だけに、余計「良い音」をだすための基礎にはとことん拘る姿勢がある。ご本人が云うように、少々厳しい部類に入る先生かも知れないけれど、着実なハープの上達を目指すには、理想的な先生といえるでしょう。

◆好きな曲について

フランスのドビュッシーやラヴェルなどの音楽に心地良さは感じる一方で、むしろハープ以外の音楽や曲を生で聴いて、音楽的な閃きを得ているようだ。

◆最後にメッセージを・・

「いつかではなく、今。すぐに習うというのではなくても、響いた音色のときめきを感じに、まずはハープに触れに来てください。」

おすすめ情報

お問い合わせ

銀座十字屋 コールセンター
(電話でのお申込み・お問い合わせ)