赤崎 敬子

赤崎 敬子(銀座十字屋ハープ&フルートサロン)

京都ご出身がそうさせるのか、赤崎講師はそれがたとえお稽古事のハープ教室通いであっても、「いかに長くハープという楽器を愛でていけるか」という長いスパンでのレッスン視点を大切にされている。仕事や転機などでハープを止めてしまっていた元生徒が、数年ぶりで連絡とったら、またレッスンが復活したということもよくあるという。長い人間関係が続くと言うことは、それだけ一緒にいる時間が楽しいということ。お話を伺っていても、接し方が鷹揚というか、穏やかというか、聞き上手なので、ついつい相談したくなってしまう。レッスンにおいても、懐の広い対応で接してくれる先生に違いない。

◆こんな先生です

人と接することが大好きだと言う、赤崎先生。習い始めると、教師―生徒という関係性よりは、友人感覚になってしまうかも。楽譜を読めない方も、どんと来いという姿勢は、ベテランならではの安心感がある。

◆好きな曲について

ヘンデル:ハープ協奏曲、モーツァルト:フルート&ハープの為の協奏曲

◆最後にメッセージを・・

継続は力なりです。気負わず、自分にストレスをかけないようにゆったりとした気持ちで続けていけば、ハープは必ず上達するものです。ご自分のペースで始めましょう。

おすすめ情報

お問い合わせ

銀座十字屋 コールセンター
(電話でのお申込み・お問い合わせ)