旧銀座サロン 開催無料コンサート ランチタイムコンサート

開催477回 菊地恵子さんによるハープ演奏

2016年1月20日(水)12:30~13:00

演奏曲目

    アイルランドの子守歌 / アイルランド伝統曲
    Irish Lullaby / Traditional Ireland

    アイリーン・マイ・ラブ / アイルランド伝統曲
    Eileen My Love / Traditional Ireland

    カリグダウン / アイルランド伝統曲
    Carrigdown / Traditional Ireland

    ハンティントン城 / アイルランド曲
    Huntington Castle / Ireland

    フォギ―・デュー / アイルランド曲
    The Foggy Dew / Ireland

    サリー・ガーデン / アイルランド伝統的民謡 詩: W.E イェーツ
    Sally Gardens / Traditional Ireland Poem: W. B. Yeats

    私のフランソワ / ブレトン伝統曲
    Ma Franzez / Traditional Breton

    ロッホ・ローモンド/ スコットランド 編曲: S.カーシオ
    Loch Lomond / Scotland arr. S. Curcio

菊地 恵子

菊地 恵子
桐朋学園大学、同研究科卒業。
日本では、ケルトハープ音楽の研究者・演奏家として知られ、日本初、ケルティックフェスティバル(92年)での演奏をはじめ、ケルティックのルーツ・レクチャーコンサート(96年)、エジンバラ・ハープ・フェステイバル(97年)、バグパイプとの共演(98年)、アイルランド・フェスティバル(01年)、アイリッシュダンスとの共演(02年)、カロラン・コレクション・リサイタルを行う。
また日本各地(大学を含む)で関連の講演とハープ(金属弦のハープ、吟遊詩人のハープ、ケルトのハープ、グランドハープ)の演奏をまじえた幅広い活動をしている。特にアイルランド大使館では、1997年から毎年、また2005年はメアリー・マッカリース(Mary McAleese)アイルランド大統領来日の際の御前演奏を行う。
アイルランドファンドでは1998年~2001年、2006年、またイギリス大使館、旧ウェールズ開発庁でも演奏。1999年は、第11回日本ハープコンクール・ノンペダル部門審査員を務める。
2006年はCD「ケルティックハープの世界」をリリース。日本初の「スコットランド文化事典」で「ハープ」の項目を執筆。
2007年、日本・アイルランド国交樹立50周年コンサートの中で娘(ハーピスト・フランス在住)とハープデュオを行う。2009年、アイルランド芸術祭(東工大)で演奏。2012年、十字屋ホールでアイルランド・フェスティバル(トークと映像: アイリッシュハープの文化と歴史/3種のアイリッシュハープ演奏会)、アイリッシュハープ・ワークショップを始める。 2014年、セント・パトリックス・デー「I Love Ireland」にてレインボー・アイリッシュハープ・アンサンブル(6重奏)を主宰。2015年、フランスと日本~虹の架け橋~公演、ストーリー・テラーと共演。日本ハープ協会ノンペダルハープ(ケルトハープ)研究会委員長。日本アイルランド協会、日本カレドニア学会、日本スコットランド協会各会員。
過去のイベントについてはこちら