スタッフブログ
コンサートレポート

【レポート】第525回 太田咲耶さんによるハープ演奏


本日のランチタイムコンサートは太田咲耶さんによるハープの演奏でした。
太田さんは昨年もランチタイムコンサートに出演して下さり、今回2回目の登場です。

【レポート】第525回 太田咲耶さんによるハープ演奏_1

まずトゥルニエの「ソナチネ」を演奏して下さいました。トゥルニエはフランスのハープ奏者、作曲家です。ソナチネは全部で3楽章からなります。
まずはテンポの早い第1楽章から始まりました。太田さんのなめらかな指の動きに、会場のお客様も釘づけになっていました。1音1音をはっきりと、そして美しい音色を響かせながら演奏されていました。
続く2楽章、3楽章も、華やかな部分は華やかに、穏やかな部分は穏やかに表現をされていました。

次にブリテンの「ハープのための組曲」を演奏して下さいました。ブリテンはイギリスの作曲家です。
こちらは、1.Overture、2.Toccata、3.Nocturne、4.Fugue、5.Hymn(St.Denio)の5つの曲からなっています。低音の独特な響きや、リズミカルな曲など色々な特長が混ざった曲です。
どちらの曲もとても難しい曲ですが、太田さんは全ての曲をとても丁寧に演奏をされていたのが印象的でした。

来週もランチタイムコンサート開催いたします。皆様のお越しをお待ちしております。


Program


Sonatine Op.30 / M.Tournier
ソナチネ Op.30 / M.トゥルニエ

Suite for Harp Op.83 / B.Britten
ハープのための組曲 Op.83 / B.ブリテン

太田 咲耶(ハープ)


sakuya_ohta

愛知県出身。第15回大阪国際音楽コンクールハープ部門第3位。2014年度フランス ニース夏期国際音楽アカデミーにてマリー・ピエール=ラングラメ氏のマスタークラスを受講。愛知県立芸術大学、卒業。在学中、学内選抜オーディションにより「室内楽の夕べ」に出演。これまでに、ハープを近藤薫、木村茉莉、室内楽を白石玲子、百武由紀の各氏に師事。4月より東京藝術大学大学院修士課程1年在学中、早川りさこ氏に師事。

concert_btn_past-events