旧銀座サロン 開催無料コンサート ランチタイムコンサート

開催456回
 菊地恵子さんと菊地砂織さんによるハープデュオ演奏

2015年7月29日(水)12:30~13:00

演奏曲目

    デュオ グランドハープ

    モンフェリン・ダンス / L. カステラーチ
    Danse Monférine / L. Castellaci

    大事なタバコ / フランス民謡 編曲:アニー・シャラン
    J'ai Du Bon Tabac / Arr. A. Challan

    月の光に / フランス民謡 編曲:アニー・シャラン
    Au Clair de la Lune / Arr. A. Challan


    グランドハープ・ソロ

      ロッホ・ローモンド/スコットランド民謡 編曲:S.カーシオ
    Loch Lomond/ Arr. S. Curcio

    即興曲 / フォーレ
    Impromptu / G. Fauré


    デュオ  アイリッシュハープ

      ディヤード / B.アンドレ
    Dyades / B.Andrès

    田園曲 / ペルー民謡 編曲:D. ブショー
    Pastorale / Perou Arr. D. Bouchaud

    シャルランヌの松 / H. ルニエ
    Les Pins de Charlannes / H. Renié

    彼女は行ってしまった / アイルランド民謡 編曲:D.ハンソン-コナン
    Off She Goes and She's Gone / Arr. Deborah Henson-Conant's

菊地恵子

菊地恵子
桐朋学園大学、同研究科卒業。日本では、ケルトハープ音楽の研究者・演奏家として知られ、日本初、ケルティックフェスティバル(92 年)の演奏をはじめ、ケルティックのルーツ・レクチャーコンサート(96 年)、エジンバラ・ハープ・フェステイバル(97 年)、バグパイプとの共演(98 年)、アイルランド・フェスティバル(01 年)、アイリッシュダンスと共演(02 年)、カロラン・コレクション・リサイタルを行う。また日本各地( 大学を含む) で関連の講演とハープ( 金属弦のハープ、吟遊詩人のハープ、ケルトのハープ、グランドハープ) の演奏をまじえた幅広い活動をしている。2014 年、セント・パトリックス・デー「I Love Ireland」にてレインボー・アイリッシュハープ・アンサンブル(6重奏) を主宰。日本ハープ協会ノンペダルハープ( ケルトハープ) 研究会委員長。芝侃子、ヨセフ・モルナール、ジューン・シャリフ、モーラ・ニ・カハスィ各氏に師事。日本アイルランド協会、日本カレドニア学会、日本スコットランド協会各会員。

菊地砂織

菊地砂織
国立音楽大学卒業後、渡仏。パリ中央区立音楽院で一等賞を得て卒業。
同音楽院のオーケストラと、モーツァルトの「フルートとハープの為の協奏曲」を競演。在学中、パリの学生を対象としたオーケストラのオーディションに合格、ベルリオーズの「イタリアのハロルド」をユーリ・バシュメット氏と競演。
ブール・ラ・レーヌ音楽院で一等賞を得て卒業。ヨーロッパ・ピカルディーコンクール第2位。
ハープを、篠崎史子、フランシス・ピエール、フランソワーズ・ドゥモビュス、ギレーヌ・プチ、室内楽をジャン・ピエール・サブレ各氏に師事。ラムルー管、パドゥルー管、スペイン・テネリフェ管、リュクサンブール管、フランス国立管、国立ロワール管等、様々なオーケストラに、海外公演、オペラも含め幅広く参加。
フランス音楽院師範免許の国家試験に合格。
現在、ルーヴシエンヌ音楽学校、シュヌヴィエール音楽院講師、シャンティイ音楽院講師。
過去のイベントについてはこちら