スタッフブログ
コンサートレポート

【レポート】第510回 大西 香奈さんによる演奏

2016年9月14日のランチタイムコンサートは、大西 香奈さんによるハープソロ演奏でした。
大西さんは今年2回目の登場です。まず、始まる前に今回演奏する曲の解説を丁寧に説明して下さいました。
曲のことを全く知らないで聴くのとは違い、曲の事を知る事で、一つ一つ曲がより聴きやすくなったのではないでしょうか。

【レポート】第510回 大西 香奈さんによる演奏

最初は、ヨンゲン作「ワルツ」を演奏してくださいました。ヨンゲンはベルギーの作曲家です。このワルツで、コンサートが一気に華やかになりました。流れるような美しい旋律を滑らかな演奏で表現されていました。

2曲目は、ベリオの「セクエンツァ2」です。ベリオはイタリアの現代音楽の作曲家です。現代音楽というと“難しい”とか“とっつきにくい”というイメージがあるかもしれませんが、独特の表現や奏法があり、ハープの新たな一面を見ることができたのではないでしょうか。

3曲目は、ベンダの「ソナタ」です。ベンダはドイツの作曲家です。この曲ソナタは、全部で3楽章からなります。楽章によって、曲の雰囲気が変わりますが、軽快な部分はリズミカルに、滑らか部分はより優しく、と表現されていました。

プログラムの最後に持ってきたのが、トゥルニエの「演奏会用練習曲 ~朝に~」です。トゥルニエはフランスのハープ奏者であり、ハープ奏者にとって必須の作曲家の一人です。細かいアルペジオの中に見え隠れする、流れるような美しい旋律がとても心地よく響いてきました。

大西さんの奏でるハープの音色に皆様とても癒されていらっしゃるようでした。来週も水曜日よりランチタイムコンサート開催いたしますので、ぜひお越し下さい。



Program


ワルツ / J.ヨンゲン
Waltz / J.Jongen

セクエンツァ2 / L.ベリオ
Sequenza2 / L.Berio

ソナタ / F.W.H.ベンダ
Sonata / F.W.H.Benda

演奏会用練習曲~朝に~ / マルセル・トゥルニエ
Etude de Concert, “Au matin” / M.Tournier





大西 香奈~ハープ~


kana_onishi
千葉県佐倉市出身。東京藝術大学器楽科ハープ専攻を卒業後、渡仏。奨学金を得てパリ・エコールノルマル音楽院に入学第6級演奏課程を審査員満場一致で取得。4年のパリ滞在後帰国。これまでに小田垣陽子氏、井上久美子氏、早川りさ子氏、イザベル・ペラン氏の各氏に師事。和声学を雁部一浩氏に師事。ソリストとしての活動をはじめ、室内楽やオーケストラなどに積極的に参加。現在関東を中心に演奏活動、後進の指導に当たっている。
第11回日本ハープコンクールレバーハープ部門第2位
大阪国際コンクールハープ部門ファイナリスト
第18回日本ハープコンクールアドバンス部門第4位





concert_btn_past-events