スタッフブログ
コンサートレポート

【レポート】第513回 五島 章太郎さん(フルート)と田中 淳子さん(ハープ)による演奏

本日のランチタイムコンサートはフルート五島章太郎さん、ハープ田中淳子さんお二人によるデュオでした。
お二人での登場は今回で4回目となります。
今回は、日本の曲だけでなく、台湾の曲も取り入れて演奏して下さいました。
また、台湾の曲目解説をご協力下さった方がいらっしゃいまして、会場の皆様も分かりやすかったのではないでしょうか。

【レポート】第513回 五島 章太郎さん(フルート)と田中 淳子さん(ハープ)による演奏

1曲目は杉山長谷夫の「花嫁人形」です。どこか哀しげな雰囲気をお二人が表現されていました。フルートの美しい響きとハープの繊細な響きが合わさり、素敵なハーモニーを奏でていました。

2曲目から5曲目までは台湾の曲を演奏して下さいました。
鄧雨賢の「望春風」、台湾民謡の「雨夜花」、台湾歌謡の「秋怨」です。
美しい旋律や、哀愁のある旋律が会場に響き渡りました。どこか懐かしさも感じられ、
お客様もお二人の演奏に聴き入っていらっしゃいました。

5曲目はハープのソロです。台湾民謡の「耕農歌」を演奏して下さいました。
五島さんが台湾に演奏旅行に行かれた際に、ハープで弾ける曲ということで
楽譜を探してきて下さったそうです。静かな会場にハープの美しい音色が響き渡りました。

6曲目は再びデュオで滝廉太郎の「荒城の月」です。皆様もよくご存知の曲かと思います。
哀愁のある旋律が、形を変えながら、美しく表現されていました。

そして、アンコールで「ふるさと」を演奏して下さいました。お客様も一緒に歌われて、会場全体が一体となりました。故郷を想い、懐かしさを感じた方も多かったのではないでしょうか。

最後に五島さんの楽しいギャグもあり、会場の皆様も楽しんでいらっしゃいました。

来週もランチタイムコンサート開催いたしますので、ぜひお待ちしております。



Program


花嫁人形 / 杉山 長谷夫

望春風 / 鄧雨賢

雨夜花 / 台湾民謡

秋怨 / 台湾歌謡

耕農歌 / 台湾民謡

荒城の月 / 滝 廉太郎

五島 章太郎


Shotaro_Goto
日本フルート協会会長故吉田雅夫氏・同副会長故宇野浩二氏・糸井正博氏に師事。
1981年 全国盲学校音楽コンクール器楽部門で第1位入賞。同年、皇太子・同妃殿下御出席の国際アビリンピックレセプションで演奏
1984年 狛江ムジカオーケストラとドイツへ演奏旅行
1986~2003年 故宇野浩二氏主催の“きさらぎ会”に17回連続出演
1988年 久保田洋氏指揮によるミクロコスモスアンサンブル“モーツァルトのフルート協奏曲K314”を演奏
2008年 本田美奈子さんチャリティコンサートに出演
2013年 第341回銀座十字屋ランチタイムコンサート出演
2014年 第414回銀座十字屋ランチタイムコンサート出演
2015年 第445回銀座十字屋ランチタイムコンサート出演
2015年12月 東京台湾の会創立30周年記念パーティでフルートを演奏。



田中 淳子


Junko_Tanaka
ハープをヨセフ・モルナール氏に師事。国立音楽大学器楽科ハープ専攻卒業。卒業演奏会に出演。ウィーンマスタークラス修了。これまでにソロ・室内楽・オーケストラ・吹奏楽等、全国各地で多くのコンサートに出演している。「2010大垣音楽祭」ではソリストとしてヘンデルのハープコンチェルトを演奏。ハープアンサンブルで皇后陛下御臨席コンサートや東西ドイツ統一記念行事に出演した。またクラシックの活動と並行して「日本レコード大賞」等、テレビ・ラジオ・ステージでも演奏。ハープを担当したミュージカル「ファンタスティックス」は平成24年文化庁芸術祭賞大賞受賞。さらにスタジオワークも数多くこなし、 CD「音の風にのせて」「木管楽器で奏でるジブリの世界」等、多くのレコーディングに参加している。尚美ミュージックカレッジ専門学校、銀座十字屋ハープ&フルートサロン講師。
公式サイト tanakajunko.syncl.jp





concert_btn_past-events