スタッフブログ
スタッフより

フルートとハープの名曲 1 ダマーズ作曲「フルートとハープのためのソナタ」

今回から、こちらのブログで不定期ではありますが、フルートとハープの名曲について書いていきたいと思います。

最初にご紹介します曲はダマーズの「フルートとハープのためのソナタ」です。

image_1

作曲者のジャン=ミシェル・ダマーズ(1928~2013)は作曲家の他にピアニストとしても活躍し、またパリ音楽院の副学長も務めました。

一般的には知られておらず、CDショップにもその名前は見かけませんが、フルートとハープの愛好者の間では有名です。

ダマーズはジャン=ピエール・ランパルと親交があり、代表作のひとつ「演奏会用ソナタ」を始め、フルート作品の多くをランパルが初演したそうです。

またハープの作品も多く残していますが、これは母親が高名なハーピスト、ミシュリーヌ・カーンであることが影響していると言われています。

この「フルートとハープのためのソナタ」は1964年に書かれ、ランパルとリリー・ラスキーヌに献呈されました。

このCDに初演の演奏が収録されています。

自分は初めて聴いた時からこの曲の虜になってしまいました。

グリーンスリーヴス〜フルートとハープのための作品集

image_2

無機質なメロディが転調を繰り返し発展する第1楽章から百花繚乱の第4楽章まで、フルートとハープ、両方の楽器に精通したダマーズでなければ書けない作品と言えるでしょう。

銀座十字屋 成田睦