堤谷 力恵

堤谷 力恵(銀座十字屋ハープ&フルートサロン)

銀座十字屋講師陣の中でも最年長。日本ハープ現代史の生き字引といっても過言ではない。華奢なお体で、ハープを弾く際には、まるでハープを抱きしめているかのように映る。それがハープを愛して止まないという心情とシンクロしてみえる。経験豊富で、お話好き。レッスンという空間の中で、ハープを通じて様々なことを学び取ることができるだろう。

◆こんな先生です

ご自身がウィーンに留学されていた際は、毎晩1シリングでオペラを立見席で観続けたとか、来日当初のヨセフ・モルナール師から教えを受けたなど、ハープを通じた音楽の経験と研究の積み上げは余人の追求を許さない。しかし教え方は至ってシンプル。「まずは、座る姿勢から。ハープを弾く女性が美しいのは、背筋が通っているからなのよ」から始まる。いつしか堤谷ペースに乗せられ、自分を引き出され、個性の沿ったレッスンを受けている・・・そんな生徒さんが大勢いる。お子さんへのアプローチにも独自のお考えが。「まず、お母さんがハープやってみればいいのよ。自分で経験してみたほうが、子供の苦労やつまずきのポイントも理解できる」。いささか斬新なアイデアであるが、何より生徒の立場で考えてくれる姿勢の表れではないか。

◆最後にメッセージを・・・

ハープは剥き出しの楽器。体を総動員する他にない楽器です。姿勢や座り方がよくなければ、綺麗な音も出ない。ハープは、それゆえに「その人の音」が反映される個性の楽器なのです。楽しんで、長く長くハープを弾き続けてゆくお手伝いをしたいと思います。

おすすめ情報

  • おすすめ情報一覧
  • 銀座十字屋ティーチャーズフォーラム ハープ指導者をサポート
  • 銀座十字屋スタッフブログ
  • 何人ご存知ですか?ハープ人名辞典
  • 銀座十字屋 講師紹介
  • 全国ハープ講師ご紹介
  • 銀座十字屋ハープ eラーニング講座

お問い合わせ

銀座十字屋 コールセンター
(電話でのお申込み・お問い合わせ)