2019/1/29

バレンタインにオススメの楽曲紹介

2月はバレンタインデーの季節。
恋人に、普段お世話になっているあの方に、ご家族に感謝を込めて、ハープによる演奏の花束という贈り物はいかがでしょう。
さまざまな愛のカタチがあると思いますが、今週は愛にちなんだピースをご紹介します。

●His Eye Is On The Sparrow/Charles H.Gabriel(レバー向け)

バレンタインデーに、ゴスペルはいかがでしょう。
♭バージョンと♯バージョンの2パターンの楽譜がセットになっているので、お好みの響きを選べます。あの「天使にラブソングを2」でも使われていた、心に染みる名曲です。
<詳細・お求めはコチラ

●マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン(レバー向け)

映画「タイタニック」でお馴染みのメロディーを生かした簡単なアレンジ(2ページ)と、
中級向けのアレンジ(3ページ)の2パターンが入っています。静かに語り掛けるような出だしと、ドラマチックなサビの差をつける音楽作りがポイント。ベースラインの自然に気持ちが昇ってくるしかけに、うまく乗ってくださいね。<詳細・お求めはコチラ

●眠れる森の美女より ワルツ / P.I.チャイコフスキー(グランド向け)

元々はバレエ音楽ですが、ディズニー映画「眠りの森の美女」では「いつか夢で」というタイトルで親しまれています。ハーモニクス、グリッサンド、分散和音など、ハープの特性をいかした編曲になっています。ワルツのリズムにのって、華やかに盛り上げて・・・。
<詳細・お求めはコチラ

●パガニーニの主題による狂詩曲 / S.ラフマニノフ(グランド向け)

映画「ある日どこかで」の劇中曲としても有名です。最も親しまれているパートが、3ページにまとめられています。♭系の変ニ長調なので、ハープがよく鳴ります。叙情的な世界観を表現してみませんか。
<詳細・お求めはコチラ

 

お問い合わせ

銀座十字屋 コールセンター
(電話でのお申込み・お問い合わせ)