2019/10/17

『英国王立音楽検定』2020春の課題曲(一部)をご紹介

いま話題の『英国王立音楽検定』。
2020年春学期の検定日は2020年5~6月に予定されており、この申込の締め切りは2020年2月15日と発表されました。

今回は、この検定の課題曲の一部をご紹介します。

課題曲はA・B・C各10曲ほどあるリストの中から、それぞれ1曲ずつ選ぶ仕組みになっています。今回はグランドハープ グレード2(準中級レベル)のリストから、その一部をピックアップしております。

A

L.トムソン作曲  「EBBING TIDE 」(2Pieces for Harpより)
≪詳細・お求めはコチラ

B

グランジャニー作曲 3つの小品より、1番「Rêverie」
≪詳細・お求めはコチラ

C

ビギナーズハープブック 1巻より、「BALLERINA」
≪詳細・お求めはコチラ

シラバスによりますと、楽譜の解釈は音符やリズムが正しく弾けるだけでなく、タッチ、音色の使い分け、拍感、細かな表情の変化、フレージングなどがどのようにコントロールされ、音楽を形作っているかが、評価の対象となるようです。初見の練習にもお使いいただけるラインアップです。

ぜひ、みなさまも挑戦してみてはいかがですか。

英国王立音楽検定についてはコチラ

お問い合わせ

銀座十字屋 コールセンター
(電話でのお申込み・お問い合わせ)